チャットレディに直アドやラインを聞いてくる客について

チャトレと直アドを交換しようとしてくる男性ユーザーとは

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

パソコンのメールアドレスとかではなく、ラインのIDを教えてくれとか、携帯のアドレスを教えてほしいとかです。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

マッチングサイトだと思っている

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

マッチング系のサイトではなく、ライブチャットという名前が付いているのにもかかわらず、女性との出会いができるものだと思っている男性が少なからずいるのです。

チャットサイトを男女の出会いの場だと思って本気で勘違いしている男性も中にはいます。

以上のようなことから、テレビ電話がはじまってすぐとか、チャットサイト経由のメールに、直アド教えてくださいとか、ラインのID交換しましょうとか、出会いの誘いをしてきます。

ですが、これには裏があって、男性客が勝手に勘違いしてチャットサイトを出会いの場だと思っているわけではなく、紹介サイトが悪かったりもします。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

すべての出会い目的のお客さんがこういったサイト経由で入ってきている訳ではありませんが、ほとんどこういったウェブサイトが影響しているといえるでしょう。

メルアドを教えてといってくる男性客

以下には、私が実際に男性ユーザーからアドレスを聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

いきなり彼氏はいませんか?僕の彼氏になってくれませんか?などと唐突にいってくる男性客はかなりいます。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

チャットサイトに現れるこういった出会い目的の男性に巡り会ってしまったら、拒絶したりするのではなく、うまく趣味の話や日常会話に導いて、チャット時間を延ばして稼ぐのもOKだと思います!

ライン交換してくださいとどしょっぱつから聞いてくる人

チャットレディに出会い目的でメールをよこす男性客というのは、このラインを聞いてくるパターンというのが一番多いですね。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まずメールでいきなり連絡先を聞いて、脈なしだと思ったらそこからまったく音信不通になったりということが往々にしてあります。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

チャットサイトのメール機能をつかって、女性に出会いの誘いモーションをかけてくる男性というのはかなり多いといわれています。

私がチャットレディをしているときに、こういったメールを送ってくる男性がいたときは、3,4通くらい引き延ばしてから断っていますが、うまいチャットレディになると、そこからどんどん会話を広げていって、何十通もメールをすることもできるようです。

陰部を見せればいいと思っている男性

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「俺のマグナムペニスを見てください!!」なんて、いきなり自分の股間の画像を送りつけてきたりする男性がいますが、女性からしたら、どん引き以外の言葉がありません。男性はほんとにアピール出来ると思っているのでしょうか。

自分のペニス画像を見てもらえさえすれば、セックスしたくなるんじゃないか?と思っている男性が世の中にはいるのです。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会えることが前提になっている男性

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

男性の心理を逆手にとって、におわせぶりな態度を使って、どんどんチャットして稼げればしめたものですが、こういう裏工作や、転がすことに抵抗がある女性は、わざわざやらなくてもまっとうにチャットしてくれる男性とだけチャットすればいいと思います。

ホテルを予約してくるお客さん

アダルト行為というのは本来はチャットをしてくれているという対価で見せるものですが、なかにはケチな男性もいて、自分だけに動画を投稿してくれなどと調子のいいことをいってくる人もいるので気をつけましょう。

こういった要求メールをしてくる男性に動画を送ってあげたとしても、次からチャットにログインしてくれるわけでもないので、注意が必要です。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

いきなりセックス可能ですか?と聞いてくる男性

ポイントを使いたくない男性というのは、タイプのチャットレディにメールをいきなり送ったりします。

チャットレディのサイトを出会い系だと勘違いしている男性も多くいるので、出会い系サイトを使えばいいのにという論理は通じませんw。

大手のマッチングサイトなどはごまんとあるのに、なぜ使わないのかというと、ライブチャットが女性との親交を深めて出会えると思っているからに他なりません。

チャットレディがやると危険な行為とは?

ここからは、チャットレディがやると危険な行為を紹介していきたいと思います。是非参考に読んでみてください。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

実際にリアルで会ってしまうこと

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

実際の世界で男性ユーザーとあってしまったら、ネット世界で実際に会わなくてもいい危険なことをしなくてもいい副業だったのにもかかわらず、その最大のメリットが生かせませんよね。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

アドレスなどは教えない

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性客に連絡先をしつこく聞かれた場合は、ライブチャットの規約にあるから、そういった行為はできないことを伝えて、わかってもらいましょう。

出会えるかのように振る舞わない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういうテクニックを使って、なるべくたくさんチャットやメールをしてもらって、お金を稼ごうとする人も中にはいますが、男性の心をもてあそぶのはあまりよろしくないといえるでしょう。心理的にも抵抗があると思います。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

ですが、最初から会う気もないのに、こういったテクニックを使うというのは、男性心理をもてあそんでいるに他ならないので、人間としてどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

メルアドやラインを聞いてくる客の対策とは

ライブチャットをやっていて、ラインのIDなどを聞いてこようとする男性客はどうやって断ったらいいのか解説していきたいと思います。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

チャットしてくる男性もポイントがかさんでしまうので、連絡先を教えてくれなさそうな返信が帰ってくれば当然それ以上は聞いてこなくなります。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

チャトレをしている女性と、男性会員の直接的な連絡先の交換などはすべてのサイトで禁止されているので、これを使えば断るときのいい理由になります。

自分が断ってるわけじゃない感を出す!

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

チャットレディ自身が断っているわけじゃなく、第三者のチャットサイトや代理店のせいにすることによって、男性客からの恨みを避けることにもつながります。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

ライブチャットには勘違いして女性と出会えるものだと思って登録している男性客が少なくありませ念。そういった男性客からのアドレスの要望には応えないようにしましょう。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットレディとしてではなく、一個人として男性ユーザーといくらテレビ電話などをしたとしても、チャットサイトの報酬がもらえるわけではありませんのでもったいないと思います。

チャットレディをやっている人のブログなどを見てみると、リアルに男性客と会ったことがある記事をかいていることがありますが、すべての男性ユーザーが善良な市民とはわかりません。よこしまな思いを持っている男性だっていることでしょう。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

そもそものチャットレディの最大のメリットというのは、触れられないというバーチャル空間で安心安全にお仕事出来るからどんな女性でも働きやすいという環境がそろっているのです。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

連絡先を教えてと何度も聞いてくるときはブロック

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

チャットレディにお金を払って、ポイントを消費してくれるお客さんなら百歩譲ってまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろと何度も行ってくる男性客はブロックするに限ります。

チャットレディの女性が男性客にラインIDなどを教えてしまうと、しめしめと思った男性客は、チャットでポイントを使わないでいいわけですから、ただであなたとやりとりをしようとするのは当然の理にかなったことです。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

ライブチャットの外でいくらやりとりしてもお金にならないので、チャトレ側からしたら損しかありません

女性が連絡先の交換をするのはもちろんさんざんこれまでも述べてきたとおり、どんな男性がどんな意図を持って近寄ってくるかわからないので、危険な行為ですが、それと同等にその男性とやりとりをした分の時給がなくなってしまうという時間のもったいなさにも気づくべきです。

ライブチャットで出会えると勘違いしている男性客から連絡先を聞かれてもブロックするのは当然のことです。こういうお客さんをブロックしたところで収入が減るわけではありませんので、気軽にブロックしましょう。

しつこく連絡先などを聞いてくるお客さんはさっさとブロックしてしまって、他のきちんとお金を落としてくれるお客さんを相手にするべきなのです!